2016秩父夜祭12月2日、3日開催|無形文化遺産勧告の「山・鉾・屋台行事」を見に行こう!

旅行

2016秩父夜祭12月2日、3日開催|無形文化遺産勧告の「山・鉾・屋台行事」を見に行こう!
  • 憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!

無形文化遺産に登録されるのがふさわしいと勧告を受けた秩父祭りの「山・鉾・屋台行事」。今年も12月2日、3日の2日間開催されます。京都祇園祭、飛騨高山祭と共に日本三大曳山祭の1つに数えられている秩父神社の例大祭「秩父夜祭」にお出かけしてみてはいかがでしょうか!

秩父祭り

出典 http://

秩父夜祭とは?

秩父夜祭は、日本三大曳山祭(京都祇園祭、飛騨高山祭)のひとつとして知られ、寛文年間(約300余年前)に既に始められており、笠鉾2基、屋台4基がけん引されます。

「秩父夜祭」(ちちぶよまつり)として知られる秩父神社の例大祭は豪華絢爛な笠鉾・屋台の曳き廻しや、豪壮な屋台ばやし、夜空を彩る花火、屋台芝居に曳き踊りなどが加わり、今も昔も、多くの人々を魅了し続けています。この祭りは江戸中期、秩父神社に立った絹織物の市、「絹大市」(きぬのたかまち)の経済的な発展と共に、盛大に行われるようになり、その後日本を代表する祭りとして知られるようになりました。冬の夜空を染める花火と、ぼんぼりの灯りが揺れる笠鉾・屋台の極彩色の共演こそが秩父夜祭の醍醐味と言えるでしょう。「秩父祭の屋台行事と神楽」は国重要無形民俗文化財に指定されています。

出典 http://www.chichibu-matsuri.jp

屋台と笠鉾

勇壮な屋台囃子を打ち鳴らし、初冬の街中を曳き回されるのが屋台4基と笠鉾2基の山車。別名『動く陽明門』と言われるほど豪華絢爛で、昭和37年には国の重要有形民俗文化財に指定されました。「屋台」は宮地(みやぢ)・上町(かみまち)・中町(なかまち)・本町(もとまち)の4基で、当番形式で屋台歌舞伎を上演します。その際に屋台本体の左右に張出舞台という付け舞台を加え、間口を広げ、芸座・仮芸座や花道などが設けられます。

「笠鉾」は中近(なかちか)と下郷(したごう)の2基で、神霊のより依代としての要素を供えており、その構造は土台の中央から長い真柱を立て、3層の笠を立てます。緋羅紗の水引幕を吊り、造り花を放射状に垂らしています。しかし大正3年に笠鉾の順路に電線が架設されたため、笠鉾本来の姿での曳行はできなくなり、屋形姿で曳いています。

出典 http://www.chichibu-matsuri.jp

山・鉾・屋台行事

出典 http://uranus.blog.so-net.ne.jp

山

出典 http://

花火

豪華絢爛な屋台と笠鉾に勝るとも劣らない、花火は夜祭に文字通り花を添えます。芝桜で有名な羊山(ひつじやま)から打ち上げられる尺玉やスターマインは見応え充分です。花火というと夏の風物詩というイメージを持たれるかもしれませんが、秩父では冬が常識!天候の安定している、冬の澄んだ空気のなかで、より鮮明で、ダイナミックに上がる花火を、秩父っ子達は自慢にしてきました。ちなみにスターマインとは、連続発射の花火です。

出典 http://www.chichibu-matsuri.jp

花火

出典 http://

花火

出典 http://www.shikiclub.co.jp

屋台歌舞伎

屋台歌舞伎の当番町は桜が咲くころから本格的準備に入ります。演目の決定、配役の選出、せりふの稽古と下準備から数えると、1年以上かかります。屋台歌舞伎が盛んなころは、各町内が競い合って自慢の演目を上演し、観客も一幕終わるたびに、各町の屋台を行ったり来たりという光景が見られました。屋台に張出を付けて、芸座を組み立てて上演する独特のスタイルは全国でも珍しく、その舞台の準備から撤収までの手際の良さは一見の価値があります。

出典 http://www.chichibu-matsuri.jp

屋台歌舞伎

出典 http://navi.city.chichibu.lg.jp

屋台歌舞伎

出典 http://www.chichibu-matsuri.jp

秩父夜祭のおすすめな楽しみ方

2日の宵宮(よいみや)は、午後12時から21時までの開催です。山車は4基出て、市内曳きまわしが行われ十分楽しめます。あまり混雑しないので、山車を間近で見ることができて、迫力を感じられますよ。露店も出ていますが、メイン道路は山車が通るので裏道に出店しています。

3日は、なるべく明るいうちに秩父入りし、案内所で「秩父夜祭ガイド案内図」をもらってトイレの場所などをを確認しておくといいかも。時間があったら秩父まつり会館を見学するのもいいですね。

そして、秩父神社の周辺や西武秩父駅前、道の駅ちちぶなどで早めの夕食。その後場所取りのため中町本町通りへ。6基の山車が通過するのを見物したら、今度は花火を見に行きましょう。20時30分ごろから、打ち上げ花火が500mほど東の羊山公園で始まります。国道140号沿いからならよく見えます。縁石などに座るとおしりが冷えてしまいますので、小さな折りたたみ椅子があった方がいいです。

まだ体力が残っていたら、午後10時半以降にお旅所へ行ってみると、全部の山車を見ることができます。6基が勢ぞろいしている光景は、豪華絢爛な江戸絵巻のようで感動します。

出典 http://tokimekibiyori.com

秩父夜祭への交通アクセスは下のボタンをクリック

1
  • 藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!
キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう

ピックアップ!

ピックアップ!

カテゴリー

月別アーカイブ